流通系カードローンが専業主婦にはおすすめ

基本的にカードローンというのは、利用する際に「本人に安定した収入があること」と決まっているのが通常です。
収入がなければ、お金をきちんと返済してくれる可能性は少なく、返済の見込みがない・返済するすべがないからです。
しかし配偶者に収入があれば専業主婦でも利用できるカードローンもあります。
金利や総量規制など専業主婦カードローンで詳細を知っておくとわかりやすいです。
専業主婦がカードローンを利用する場合、配偶者の承諾や年収は審査時に必ずチェックされます。
専業主婦がカードローンを利用するとき、流通系の会社のカードローンをオススメします。
例えばセブン銀行・イオン銀行・楽天銀行などは、セブンアンドホールディングス・楽天・イオンなど、主婦が日々の買い物をするケースが多いのでとても重要な顧客層だと考えていることがカードローン作成の一因となっています。

専業主婦30人にアンケート実施!家計は誰が管理していますか?

主婦親子

家計の管理はきちんとしなくてはいけないもの。
昔は妻が担うものという考え方が一般的でしたが、女性の中でもお金の管理が苦手という人や率先して夫がやりたいという場合もありようです。
コチラでは実際に誰が家計を管理しているかについて30人にアンケートを実施してみました。
専業主婦に意見を聞いてみた結果は以下の通りです。

家計管理結果
妻・夫以外に自営業などでどちらかの実家の親が管理している方もいました。

自分で管理しているのならある程度お金の采配も可能ですが、決まった金額だけもらうスタイルならもらった金額の範囲内でやりくりしないといけません。
誰が管理しているのか?その理由についてもあわせて聞いてみました。

妻(自分)が管理派の意見

・結婚当初主人に任せてたらとんでもないことになったからです。くだらない会員になって毎月3万円をドブに捨てるような愚行をしてたし、好き放題使っていたので。むこうが専業主婦を望んでいたのにあまりにも無計画だったので家計は自分が管理することにしました。
・食費から生活費まで、すべてを細かく把握しているのは私です。また、私がお金の管理をすることで、夫は仕事に集中できると思います。夫に任せるとほしいものを好きなときに買うので、それはおこづかいと相談してもらっています。
・自身が働いておらず、家事の一切を引き受けているためです。また、私が管理するほうが夫が無駄遣いせず、余計な出費も少ないからです。結婚前より同棲していましたが、その頃から共通財布を作り毎月財布入金する仕組みを作っていましたが、その頃からも自分が管理していたため、延長でこのようになっているという事もあります。

夫が管理派の意見

・以前は小遣い制にしていたのだが、夫が「自由に使えるお金が無いとイライラする」と言ってキレたため、夫に任せています。私は全然納得していないし、あればあるだけ使ってしまう人なので今後が心配。
・1歳と3歳の男の子を子育て中です。外出するときは一人を抱っこ紐、一人はじっとしていないので手をつなぐか怒っているか。そんな状態では必要時に金融機関に行けないため。
・月の給料や支払い関係の一切の権限を妻に渡しており、家計簿のつけようがないためです。私自身はおこづかい制度でちょっと苦しいです。
・最初は私が管理していたのですが、夫に家計を把握出来なくて(貯金額や今月あといくら使える等)落ち着かないと言われ任せることにしました。しっかりと管理してくれていますし私も不自由していないのでとても助かっています。
・お金の干渉をし合うのは、お互いに嫌なので、夫が自営業をやっているということもあり夫です。

その他の意見

・同居で自営業なので基本的に義理の母が管理しています。本当は別所帯なのだから家計も別々にしてもらいたいです・・・
・私の実家で同居中。私に子供ができ家計管理ができなくなった為母に任せています。母も家計を任されて張り切っているようなので良かったと思っています。ただ欲しいものは買いにくくなってしまいました。
・旦那が母一人の為同居しています。私に任せて!と言われお金の管理を任せていますが正直やめてもらいたいです。

家計管理の現状まとめ

夫に管理を任せると使ってしまうのではないかと心配なのでという意見には納得ですね。
夫が管理派・実家が管理派も納得しているのであれば問題ありませんが、足らない時に追加でもらいにくかったりこっそり欲しいものを買いにくいなどもあるようです。

家計を任されていているのにやりくりに失敗した・突然の出費でお金が用意できない、家計を握られているから1万円欲しいけど言い出せない・・・そんな時は低金利のカードローンを利用しませんか?
実際に家計が厳しく一時的に返済に負担が少ない低金利カードローンで借りてしのいでいる女性もたくさんいます。
専業主婦が申込める銀行カードローンは借入がバレない配慮もされており、手続きも簡単にできるようになっています。
返済額も例えば10万円借りても毎月約3,000円程度と返済が苦しい・家計を圧迫するということもないので、こっそり申込む人も増えています。
無理してやりくりに疲れてしまう・欲しいものを我慢し続けるよりも、少しだけ借りてきちんと返すという考えが浸透しつつあるようです。